School Life

学校生活


  幼稚部 
登校・自由遊び
  9:00 - 9:45
一斉活動①
  9:45 - 10:35
トイレ休憩 
 10:30 - 10:40
一斉活動②
 10:40 - 11:15
昼食
 11:15 - 11:55
昼休み
 11:55 - 12:50
一斉活動③
 12:50 - 13:20
一斉活動④ジム
 13:20 - 13:50
下校準備 
 13:50 - 14:30
下校
 14:30 - 
小学部
中・高等部
HR                  
9:00 - 9:10
9:00 - 9:10
1校時
9:10 - 10:00
9:10 - 10:00
2校時
10:05 - 10:55
10:10 - 11:00
中休み
10:55 - 11:10
11:00 - 11:10
3校時
11:10 - 12:00
11:10 - 12:00
昼休み
12:00 - 12:50
12:00 - 12:50
読書/自習
12:50 - 13:00
12:50 - 13:00
4校時
13:00 - 13:50
13:00 - 13:50
5校時
13:55 - 14:45
14:00 - 14:50
HR
14:45 - 15:05
14:50 - 15:05
登校について
◇バスに乗車するまで 
• 保護者は、バスが発車するまで待機し、発車を見届けてください。 
• 必ずトイレは済ませておいてください。 
• 乗り物酔いしやすいお子様には酔い止めなどの対策をお願いします。
• バス停までは保護者が送ってきてください。 
• 乗り込む際には、各バス停のバス委員の指示に従い、小さい子は前方の席へ座ってください。(大きい 学年の生徒     は後方の席に座ります。) 

◇バス乗車中(ご家庭で必ずご指導ください) 
• スクールバス運行中は運転手が責任を持ちますが、困ったことがあれば上級生に援助を求めることがで きることを  教えておいてください。 
• 運行中は運転手の指示に従うこと。 
• バスの中では、絶対に立ちあがったりせず、しっかり座席に座っていること。(いつもシートベルトを しめているつもりで) 
• 大きな声を出したり、大声で話したりしないこと。
下校について
幼稚部は直接教室前までお迎えにきてください。 小学部以上のお迎えは校舎外でお待ちください。
 兄弟姉妹 無し    
兄弟姉妹 有
                    
幼稚部
 2:30 下校
3:05 下校 
                                 
小学1、2年生
 3:05 下校
3:05 下校 
                          
小学3年生以上
 3:20 下校
3:05 下校
3:20 下校                                  
(弟妹が幼・小1・2の場合)
(兄姉が小3以上の場合)
                            

 

ポートランド日本人学校の蔵書は2週間貸し出しが可能です。児童生徒の皆さん、読書で豊かな日本語を育みましょう!

児童書、小説、学習支援の本などたくさんあります。

新しい本もたくさん購入していますので積極的に活用してください。

 
貸し出しのルール
  • 貸出し時間 小学部~高等部は昼休み、幼稚部保護者は午後2:00~2:25
  • 所定の貸出しカードに書名、貸出日を記入し借り受けること。
  • 貸出し期間 最長2週間
  • 貸し出し冊数 一人3冊まで
  • 所定の貸出しカードに書名、貸出日を記入し借り受けること。
  • 返却は貸出カードと図書担当の安全当番に提示し、返却日スタンプをカードに押印してもらう。
  • 安全当番が貸出・返却を担当する。
  • 小学部、中学部教科書は文部科学省指定のものを領事事務所を通し教育委員会から支給。高等部教科書は教育委員会より一部支給。幼稚部は教職員が指導内容に合わせ適宜準備、配布するものとする。
  • 学校から配布する副教材は実費徴収するものとする。

 【 国語 】
 【 算数 】
 【 その他 】
1年
8マス国語ノート
7マス算数ノート
お絵かき帳
2年
12マス国語ノート(リーダー入り)
17マス算数ノート(たて型)
30㎝定規、三角定規、セロハンテープ
3年
18マス国語ノート(リーダー入り)
10mm方眼罫15X22ノート
30㎝定規、三角定規、コンパス、国語辞典、セロハンテープ
4年
5mm方眼罫15X22ノート(10mm実線入り) 
5mm方眼罫15X22ノート(10mm実線入り) 
三角定規、コンパス、分度器
国語辞典、漢字辞典
5年
5mm方眼罫15X22ノート(10mm実線入り) 
5mm方眼罫15X22ノート (10mm実線入り)
三角定規、コンパス、分度器、国語辞典、漢字辞典
6年
5mm方眼罫15X22ノート(10mm実線入り)
5mm方眼罫15X22ノート (10mm 実線入り)
三角定規、コンパス、分度器、国語辞典、 漢字辞典

 

★全学年必要な物★

□ 教科書(国語、算数)と副教材(ワークやドリルなど)

□ 上記ノート(中・高は使用しやすいノート)

□ 必要に応じて読書の本(学校図書で借りることもできます)

□ 筆箱:鉛筆5~6本、赤鉛筆・青鉛筆(赤・青ペン)、消しゴム、はさみ、のり、色鉛筆

□ 宿題用フォルダー(2ポケットの見開きタイプが便利です)

□ お弁当、水筒(ピーナッツなどアレルゲン食品は入れないでください)

 

  • すべての物に氏名を書いてください。
  • 赤・青鉛筆(赤・青ペン)は授業中に答え合わせをする時に使用します。
  • 鉛筆は削って持たせてあげてください。
  • 各辞書は家庭学習で必要です。学校には校内使用できる辞書の備えはありますが、校外への貸し出しは行っていません。
  • コンパスは、ネジがしっかりしたものをお選びください。
  • 4月一斉入学の小学1年生に限り、国語・算数のノートとフォルダーを商工会よりプレゼントします。

1. 学校内での規律、秩序の維持に努めること。

2. 他の生徒、教師への暴力、暴言等は行わない。

3. 授業を妨げる行為は行わない。

4. その他、学校運営への妨害、他人への危害・いじめについては厳に禁止する。

火事などの緊急時
  • 生徒は、先生の指示に従い、各教室の外への出口より出、建物から30メートル以上離れた安全な場所に避難する。休み時間の場合は、カフェテリアにいる生徒、ジムにいる生徒共に、一番近い出口を利用して避難する。集合場所はバックネット前とする。
  • 生徒は、担任の先生と共にグループで安全な場所に留まる。
  • 教育委員は先生からの連絡により学校に駆けつけ、生徒の安全の確保に尽くす。
荒天時
  • 開校が危ぶまれる状態の時は、教育委員会は先生と協議の上、始業の2時間前までに開校または休校の決定を行う。
  • 休校の時、学校はすみやかに各家庭に連絡をする。
  • 授業中に荒天となった場合、校長は直ちに教育委員会と連絡を取り、休校とする場合、学校はすみやかに各家庭に連絡、保護者の迎えを要請する。
怪我
  • 生徒が怪我をした場合、学校はまず生徒の保護者に連絡をとる。 
  • 保護者が不在の場合は学校は生徒の怪我の程度を確かめ、必要と判断すれば最寄りの 病院へ連れて行き、教育委員会に連絡をする。
  • 学校は常に応急処置用品を備えて置く。
避難訓練
上記の事項を生徒に徹底するため、一年に一回以上、避難訓練を実施する。

① Hazelbrook Middle School の掲示物や物品には手を触れない。

② Hazelbrook Middle School の備品は使用しない。(ハサミ、白板消し、マーカーなど)

③ Hazelbrook Middle School の敷地内の木には触れない、登らない。

④担任の先生がいないときは教室に入らない。

⑤自分のクラス以外の教室に許可なく入らない。

⑥ 学校の施設・器物などは大切に使用すること。破損させたり汚した場合は、直ちに教師に報告し、そ の指示に従うこと。補修費用については本人負担を原則とする。

⑦食事は昼食時のみ、場所はカフェテリア内のみとする。それ以外の時間・場所における食事は原則 認めない。(幼稚部は例外、水分補給は各学級判断で行う。)

⑧校庭及び体育館の使用時間 体育館:中休み(10:55~11:10) 昼休み(12:00~12:50) 校庭: 昼休み(12:15~12:50) ※校庭の状況により使用を判断する。中休みは校庭使用不可。

⑨ボールは日本人学校のボールのみを使用し、使用した後は、その都度片付けること。

⑩教室内及び廊下ではボールを使用しない。

⑪ 廊下は走らない。

⑫室内で帽子は基本的にかぶらない。かぶる必要がある時は、学校に相談する事。

⑬コピー室に無断で入室しない。

⑭危険物、あるいは危険物に類似するものは学校に持ってこない。

⑮学校生活に必要のないものは持ってこない。 ※私物の紛失や破損などに関しては、教師および学校側は一切責任を取りません。

  • 諸事情により退学する場合、保護者は学級担任または事務局に所定の退学届を提出する。退学届は原則として退学日の2週間前までに提出し、提出日から遡って退学日を決定することはできないものとする。
  • 学校図書および保護者パスカードは必ず返却する。
envelopephone-handsetmap-markercrossmenu